スポンサーリンク

deanfujioka


こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

俳優の

ディーンフジオカさんに

注目していきたいと思います。


ディーンフジオカさんは、

香港や台湾で活躍する俳優で、

中国語が堪能

そして

こだわりが強く

グルメで

料理の注文がこまかいことで有名です。


そんなわけで、

ディーンフジオカさんの

プロフィール本名について


そして

国籍名前の由来について


さらに

中国語の勉強法についても


合わせて

注目してみたいと思います。


アイキャッチ画像引用元:Dean Fujioka instagram


ディーンフジオカさんのプロフィール

それではまず、

プロフィールから見ていきましょう。

名前 ディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)
本名 藤岡 竜雄(ふじおか たつお)
別名義 Tatsuo Dean FUJIOKA、藤岡靛
生年月日 1980年8月19日
出生地 福島県須賀川市 
国籍 日本
民族 日本人(大和民族)
身長 180cm
血液型 A型
高校 千葉県立船橋高等学校卒業
大学 アメリカシアトルのコミュニティ・カレッジでITを専攻
言語 日本語、北京語、広東語、英語、バハサ
職業 俳優、ミュージシャン、モデル、映画監督
ジャンル 映画、テレビドラマ、J-POP
事務所 アミューズ

引用元:wikipedia



・2004年香港のクラブでスカウト
・香港でモデルとして活動
・2005年、香港映画「八月の物語」で主演
・2006年、台湾ドラマの創始者とも言える柴智屏と出会い契約、台湾のデビュー
・2014年、NHK BSプレミアム「撃墜 3人のパイロット」にて、日本のテレビドラマに初出演
・2015年、朝の連続ドラマ「あさが来た」の五代友厚役で出演
・2016年、NHK特集ドラマ「喧騒の街、静かな海」で、日本のテレビドラマに初主演


ディーンフジオカさんは、

アメリカの大学卒業後に

旅行で行った香港

スカウトされ、

2004年、

24歳のとき、香港でデビュー


10年間は、

香港台湾で活動していました。


そして

2014年に、

NHK BSプレミアムで日本のテレビドラマに初出演しています。

ディーンフジオカさんの本名や国籍・名前の由来は?

ディーンフジオカさんの本名は、

藤岡 竜雄(ふじおか たつお)さん

福島出身の日本人です。


「ディーン」という名前の由来

香港でモデルになったきっかけについて、

ディーンフジオカさんの

コメントがありましたので紹介します。

ディーンという名前は自分でつけたんですか? それとも芸名?

ディーン「もらいました。こういうお仕事をするずっと前、アメリカへ行った時に、ホスト・ファーザー*のような人がいたんです。一家でよく教会へ行ったんですが、そんな日々の中で、このディーンという名前をもらいました。アメリカの生活に適用しやすいようにっていう気持ちを、多分込めてくれたんだと思います」


モデルになったきっかけは?

ディーン「クラブでマイクを持って、皆の前でパフォーマンスみたいなことをしてたんです。ある日、ファッション誌の方が来てて、終わった後で『君は一体誰なんだ? 何をやっているんだい?』という話になり、ぜひ一度うちの雑誌でモデルをやってみないかというお話をいただいて、『はい!ぜひ挑戦させていただきます』と(笑)」

引用元:http://asiancrossing.jp/intv/2007/0525/index.html


スポンサーリンク

ディーンフジオカさんの中国語の勉強法は?

ディーンフジオカさんの話されている中国語は、

香港で話されている広東語のようですが、

どうやって勉強したのか気になりますね。




ディーンフジオカさんは、

撮影やTVコマーシャルの仕事に

広東語のセリフがあって、

少しずつ覚えていったと話しています。


そして、

2005年に、

香港映画「八月の物語」で主演が決まった際に、

セリフの90%が広東語だからと言われて、

「自分が努力して形作っていった演技やセリフのクオリティがだめだったら、だめって言われておしまいなだけだから、チャレンジするしかないと思った。」

と話しています。


映画の主演をもらって、

必死で努力して

中国語をマスターしたのですね。

まとめ

これまで、

ディーンフジオカさんについて

書いてきましたがいかがでしたか?


・国籍は、福島出身の日本人

・本名は、藤岡 竜雄(ふじおか たつお)

・「ディーン」の名前は、アメリカ留学中にホストファザーからもらった

・中国語は、CM撮影や映画のセリフで少しずつ覚えていった


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎

スポンサーリンク