スポンサーリンク

性格


こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

テレビやSNSでの

炎上発言で

話題を呼んでいる


作家で社会学者の

古市憲寿(ふるいち のりとし)さんに


注目していきたいと思います。


古市憲寿さんの

発言は、

ネットでよく批判されていますね。


「他人への思いやりが欠落している」とか

「心がない」とか

「発想が幼稚だ」とか


裏表がなくて、

いい面もあるんですが・・・。


そんな訳で、

古市憲寿さんの

アスペルガーの疑い

性格について


そして、


学歴

父親の職業についても


合わせて

注目してみたいと思います。

古市憲寿さんのプロフィール

それではまず、

プロフィールから見ていきましょう。

名前 古市 憲寿(ふるいち のりとし)
生年月日 1985年1月14日
出身地 東京都
高校 埼玉県立越谷北高等学校
大学 慶應義塾大学環境情報学部
大学院 東京大学大学院総合文化研究科修士課程

引用元:Wikipedia



次に、

経歴も見てみましょう。

2012年、野田内閣の内閣府国家戦略室「フロンティア分科会」部会委員
2013年、安倍内閣の「経済財政動向等についての集中点検会合」委員、内閣官房行政改革推進本部事務局「国・行政のあり方に関する懇談会」メンバー
2014年、内閣官房「クールジャパン推進会議」メンバー、朝日新聞信頼回復と再生のための委員会外部委員
2015年、伊勢志摩サミットロゴマーク選考会審査委員

引用元:Wikipedia





古市憲寿さんは、

テレビで有名になる以前から、

政府の委員などを勤めています。


単なるコメンテーターとしての

発言ならまだしも、


公の人の発言としては、

ちょっと、

古市憲寿さんの、

常識を疑ってしまいますね。

スポンサーリンク

古市憲寿さんのアスペルガーの疑いや性格は?

頭がいいひとで、

古市憲寿さんのような、

「周りの空気を読めない」というか、

「思いやりがない」というか、


他人に対しての

想像力が欠如している人って、

けっこういますよね。


アスペルガーとは、

自閉症の症状の一つで、


社会性やコミュニケーションが苦手で、

人間関係に問題が生じやすく、


「場の空気が読めない」

「悪意のない失ミが多い」

「人とのコミュニケーションできない」


といった脳の病気です。


また、

アスペルガーの人には

特殊な能力が

備わっている場合もあります。


興味のあることには、

異常なほど集中して取り組み、

並はずれた能力を発揮することがあります。


古市憲寿さんは、

今までの発言内容から、

「社会の常識がなく」

「他人への想像力が欠如している」

ことは、

明らかだと思いますが、


それが、

病気なのかといえば、

ビミョーなところだと思います。


ただ単に、

他人への思いやりがなく、

性格が悪いだけのような気がします。

古市憲寿さんの学歴や父親の職業は?

古市憲寿さんの

学歴は、

慶應義塾大学環境情報学部卒業

東京大学大学院総合文化研究科修士課程終了で、


現在は、


東京大学大学院総合文化研究科博士課程

慶應義塾大学SFC研究所上席所員

に在籍しています。


古市憲寿さんの

父親の職業は、

公務員との情報があります。


どこのお役所に勤めているのか?

詳しい情報は分かっていません。


古市憲寿さんの

現在の発言や性格を考えると、

厳しい家庭で

育ったのではないかと思います。


古市憲寿さんの

性格が、

生まれつきのものなのか?

育った環境のせいなのか?

分かりませんが、

人間のあたたかみを

知らないような気がします。

まとめ

これまで、

古市憲寿さんについて

書いてきましたがいかがでしたか?


・アスペルガーではないが、それに近いのでは?

・慶應義塾大学卒業、現在は東京大学大学院博士課程

・父親の職業は公務員との情報あり


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎

スポンサーリンク