スポンサーリンク

pride


こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

とんねるずの

石橋貴明さんが扮するキャラクター


「保毛尾田保毛男」について


注目していきたいと思います。


フジテレビの

「とんねるずのみなさんのおかげでした」の

30周年記念スペシャルで、


「保毛尾田保毛男」が

復活しました。


しかし、

視聴者からは

「今の時代にそぐわない」

との

批判が殺到しているようです。


そんな訳で、

「保毛尾田保毛男」の

名言や姉についてや


そして、

批判や苦情の理由も

合わせて

注目してみたいと思います。

保毛尾田保毛男の名言や姉は?



保毛尾田保毛男は、

濃い青ヒゲに、

どもった話し方が特徴的な

男性キャラクターです。


問題なのは、

・ホモを連想させる名前

・ホモを馬鹿にしたような話し方

ではないでしょうか?



30年前なら、

お笑いにできたかもしれませんが、


今の時代では、

「ホモ」という言葉自体が

差別用語になっていて、


表現自体が、

性差別になるようです。


保毛尾田保毛男の

名言と言えば、


セリフで、

「ホモじゃないの、あくまでも噂なの」

と意味深な発言。


あくまでも、

お笑いのコントのキャラクターなので、

保毛尾田保毛男が

ホモかどうかはどうでもいいことですが、


「ホモ」という言葉に、

視聴者が

過剰に反応しているのだと思います。


保毛尾田保毛男には

お姉さんがいます。

女優の

岸田今日子さん


コントにもかかわらず、

真剣に演技されているところが

すばらしかったのを覚えています。

それがかえって笑いを誘いました。


スポンサーリンク

保毛尾田保毛男の批判や苦情の理由は?

保毛尾田保毛男というキャラクターが

ホモを馬鹿にしていて、


ホモという言葉が、

差別用語で、

お笑いのネタとしてふさわしくない

ということなのでしょうけど、


それなら、

「デブ」や「ハゲ」も差別用語ですし、

「巨乳」という言葉も、

テレビではNGワードです。


これから、

お笑いがさらに面白くなくなりますね。


今回の件では、

フジテレビの社長が謝罪する事態になって、

スポンサーのCM降板にまで発展しそうな感じです。


日本のテレビが、

ますます堅苦しくなって、

お笑いが委縮してしまうでしょうね。

まとめ

これまで、

保毛尾田保毛男について

書いてきましたがいかがでしたか?


・名言は「ホモじゃないの、あくまでも噂なの」

・姉の役は、女優の岸田今日子さん

・ホモという言葉は差別用語で、お笑いのネタとしてふさわしくない


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎

スポンサーリンク