サロネーゼ


こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

元モデルでキャスターの

小牧ユカさんに

注目していきたいと思います。


小牧ユカさんは、

1980年代から90年代にかけて、

雑誌のモデルや

テレビのキャスターとして

活躍した方です。


1984年

上智大学在学中に、

ファッション雑誌CanCamの

専属モデルとなり、


その後も、

テレビ朝日のキャスターや

ラジオパーソナリティを務めたり、

1988年には、

24時間テレビパーソナリティーを務めて

人気が急上昇します。


しかし

1993年、

結婚を機に、

すべてのレギュラー番組を降板し、

旦那と共にアメリカ合衆国へ移住します。


そんなわけで

小牧ユカさんのプロフィール

年収について


そして

自宅でビジネスを始めて

カリスマサロネーゼと言われていますが、

サロネーゼとは?


さらに

結婚した旦那子供についても


合わせて

注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

小牧ユカさんのプロフィール

それではまず、

プロフィールから見ていきましょう。

名前 小牧 ユカ(こまき ゆか)
本名 非公表
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 1965年7月11日
身長 167cm
血液型 B型
大学 上智大学比較文化学部卒業
所属事務所 スターダストプロモーション
職業 キャスター、タレント、ファッションモデル

引用元:wikipedia



小牧ユカさんは、

現在でもキャスターの仕事をしています。


2017年2月の

第59回グラミー賞の授賞式では、

現地リポーターをやっていますね。


アメリカのグラミー賞とは、

日本のレコード大賞みたいな感じの

世界判と言った感じで、

最も活躍した歌手やミュージシャンに贈られる賞です。




なんか、

グラミー賞って聞くと

すごくセレブな感じがしますが、

小牧ユカさん自身も

すごいセレブだとか

年収が気になりますね。


スポンサーリンク

サロネーゼとは?

小牧ユカさんは、

モデルから転身して

カリスマサロネーゼと言われていますが、

「サロネーゼ」って初めて聞く言葉ですね。


なんと

「日本サロネーゼ協会」なんて団体があって、

そこの説明によると

サロネーゼとは、

育児や仕事をしながら「好き」や「得意」を生かして、

自宅で教室を開いて成功している女性のこと。



小牧ユカさんは、

石鹸に彫刻を施す「カービング教室」を自宅で開催、

成功して

カリスマサロネーゼになっていました。

小牧ユカさんの年収や自宅はどこ?

小牧ユカさんの年収が気になったので

調べてみましたが、

具体的な年収の金額は、

全くわかりませんでした。


ちなみに

日本の場合、

サロネーゼの教室のレッスン料は、

1回 5,000円~7,000円

が相場のようです。


1回のレッスンに5人集まれば、

25,000円~35,000円ということになり

カリスマサネローゼともなれば、

月に100万円は稼いでいる感じですね。


小牧ユカさんの年収は、

レポーターの仕事も合わせると、

1,000万円は余裕で稼いでいるのでは?

と思います。


さらに、

小牧ユカさんが、

カービング教室を開催している

自宅の場所が気になりますね。


1993年に、

結婚してアメリカに渡った際には、

旦那と共に、

ニューヨークに移住してますが、


その後、

旦那の転勤で、

シンガポールロンドンにも暮らしていたようです。


現在の自宅の場所は、

アメリカのニューヨークのようでうが、

詳細な場所は分かっていません。

小牧ユカさんの旦那や子供は?

小牧ユカさんには、

旦那さんとの間に

2人の子供がいるようですが、

詳しい情報が見つかりませんでした。

#憧れの #まさかの #小牧ユカ

Shu Ishiiさん(@shu_rock)がシェアした投稿 –




ちなみに

旦那の会社は、

電通ではないか?

との噂があります。


NHKアナウンサーの

久保純子さんの

旦那の上司とか・・・。


未確認情報なので、

信憑性は低いと思います。

まとめ

これまで、

小牧ユカさんについて

書いてきましたがいかがでしたか?


・自宅でカービング教室を開催し成功、カリスマサロネーゼに転身

・サロネーゼとは、趣味を生かして自宅で教室を開くこと

・レッスン料の相場は、1回5,000円~7,000円

・自宅の場所はアメリカのニューヨークか?

・旦那は電通社員で、子供は2人いるらしい、詳細は分かっていない


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎

スポンサーリンク