こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

女優の水野真紀さんに

迫ってみたいと思います。


最近、よくテレビに出演している

水野真紀さんですが、

旦那の浮気が原因で

現在も別居中なんだとか・・・

離婚しない理由が気になりますね。


そんなわけで

水野真紀さんの旦那の浮気や

現在について


そして

それでも離婚しない理由も

合わせて

注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

水野真紀は旦那の浮気が原因で現在も別居中!

それではまず、

プロフィールから見ていきましょう。

名前 水野 真紀(みずの まき)
本名 後藤田 由紀(ごとうだ ゆき)
旧姓 江野脇 由紀(えのわき ゆき)
生年月日 1970年3月28日
出身地 東京都
身長 162cm
靴のサイズ 23cm
血液型 A型
大学 東洋英和女学院短期大学
職業 女優
配偶者 後藤田 正純(衆議院議員)
事務所 東宝芸能
趣味 ジョギング
特技 バレーボール、お菓子作り、調理師免許あり

引用元:wikipedia



水野真紀さんの

人気がブレイクするきっかけになった

ドラマと言えば・・・


1994年に放送された

「29歳のクリスマス」

マジでヤバいです、

このドラマ。

男女の恋愛の駆け引きが、

本当に面白いです。

トレンディードラマの名作ですよ。

当時、

24歳の水野真紀さんですが、

「こんなかわいいOLどこにいるんだ~」

「うらやましいぞー」

って感じでテレビを見て、

叫んでました。


さらに

松下電工のCMで

顔のムダ毛を処理するシーンは

最高でしたね。


水野真紀さんは、

松下のCMでブレイクして、

1996年には、

花嫁にしたいNo.1女優に選ばれました。


すっかり

「きれいなおねえさん」のイメージが定着した

水野真紀さんでしたが、

2004年3月に

衆議院議員の後藤田正純さんとの

結婚が発表された時は、

多くの男性が泣きました。


2005年には

第1子の長男を出産した

水野真紀さんですが、

夫婦の関係は順調ではなかったようです。


結婚5年目の

2009年頃から

すでに、

旦那と別居状態になっていたようです。


水野真紀さんは、

癒し系のイメージとは

正反対の性格のようで、

上昇志向が強く、

気が強い性格のようなんです。

そんな性格のため

旦那の方がまいってしまったのが

そもそもの

別居の原因のようです。


そして

銀座のホステスとの

不倫が発覚したのが

2011年のこと。

このスクープ画像を見れば分かりますが

いくらなんでも

旦那は羽目を外し過ぎです。

家庭で

安らぎを感じない男性は、

こうやって

外でストレスを発散するんですよねぇ。


旦那の

こんな恥ずかしい行為がスクープされて

水野真紀さんは

よく我慢して、

耐えていると思います。


スポンサーリンク

水野真紀が旦那と離婚しない理由は?

水野真紀さんは、

旦那とは現在も別居中と言われています。


水野真紀さんは

田園調布に2世帯住宅を建てて

自分の親と同居しているんです。

仕事で遅くなっても

子供の面倒は親が見てくれますし、

旦那がいなくても困らないようです。




水野真紀さんが

旦那と離婚しない理由は、

子供の将来のためでわないかと

思います。

旦那の後藤田家は、

政治家の家柄で

おそらく

一人息子も跡を継ぐのではないかと思います。


さらに

上昇志向の強い

水野真紀さんなので

代議士の妻というプライドも

あるのではないかと思います。


人は

見た目の印象と

内面の性格は違うといいますから

水野真紀さんの性格と

世間のイメージとは

全く違うのかも知れませんね。

水野真紀さんのブログに

カルロス・トシキさんのことが

よく登場します。

カルロス・トシキさんの

追っかけをすることで

旦那のいない寂しさを

発散しているのでしょうね。


関連記事→カルロストシキの現在や来日ライブ2018は?動画や追加公演は?

水野真紀は旦那の浮気が原因で現在も別居中!離婚しない理由は?まとめ

これまで、

水野真紀さんについて

書いてきましたがいかがでしたか?


・2009年から現在も旦那と別居中!

・旦那との別居は、2世帯住宅で親との同居が原因か?/span>

・2011年に、銀座ホステスとの旦那の不倫が発覚!

・離婚しない理由は、子供の将来のためか?


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎

スポンサーリンク