知床


こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

『ザ!鉄腕!DASH!!』のロケで、

TOKIOの

城島茂さんと

山口達也さんが、


神の魚と呼ばれている

「オオカミウオ」

釣って

話題になっています。


そんな訳で、


今回は、

「オオカミウオ」

生態

釣り方・場所についてや


そして、


おいしい食べ方なども


合わせて

注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

オウカミウオの生態について

それではまず、

オウカミウオの生態から見ていきましょう。


オオカミウオの漢字名は、

「狼魚」と書きます。


語源の由来は 、

英名の「Wolf-fishes」(ウルフ フィッシュ)

直訳しています。


オオカミウオは、

ギンポの仲間で、

口には大きな歯があり、

頑丈なあごで、

ウニ、タコや、

貝類を噛み砕いたり、

エビやカニなどの甲殻類を

噛み切って食べています。


オオカミウオ

生息地は、

東北地方北部以北の日本海や

オホーツク海


水深50~100mの海底の

岩礁の陰などに生息しています。


スポンサーリンク

オオカミウオの釣り方や場所は?




TOKIOの

城島茂さんと

山口達也さんは、


北海道の女満別空港から、

知床へ向かって、

斜里町のウトロから

釣り船で、

オホーツク海へ出られたのだと

思います。


オオカミウオは、

「神の魚」とも

「幻の魚」とも

言われていますが、


7月~8月のシーズンには、

意外と釣れることがあるみたいです。


釣り方が気になりますね。

どうなんでしょうか?


オオカミウオ

狙った仕掛けと言う訳ではなく、

岩礁などの根魚をねらう釣り方のようです。


餌は、

イカやタコがいいようですね。

オオカミウオの味やおいしい食べ方は?

オオカミウオは、

残念ながら、

日本では

食用にさることはなないですが、


ヨーロッパや北米では、

白身魚のフライムニエルとして、

良く食べられているようです。


オオカミウオ

食べている餌は、

ウニやエビ、タコなど、


そこから考えると、

オオカミウオの身は、

おいしいのではないかと思います。

まとめ

これまで、

オオカミウオについて

書いてきましたがいかがでしたか?


・オホーツク海などの北の海に生息し、50~100mの海底の岩礁にいる

・知床のウトロから船釣りで、7月~8月には釣れることもある

・味は白身魚で、ヨーロッパや北米ではフライやムニエルが一般的


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎

スポンサーリンク