banana


こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

あみやき亭の創業者で

焼肉革命児とも言われている

佐藤啓介(さとう けいすけ)さんについて

注目していきたいと思います。

佐藤啓介さんは、

1995年から32年間、

株式会社あみやき亭の

社長をされていましたが、


2017年8月2日付けで

社長職から退き

代表権のある会長に就任しました。


そんな訳で、

佐藤啓介さん

年収経歴について


さらに、


出身大学学歴についても


合わせて

注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

佐藤啓介さんのプロフィール



それではまず、

プロフィールを見ていきましょう。


satokeisuke

引用元:あみやき亭

名前 佐藤 啓介(さとう けいすけ)
生年月日 1950年9月8日
出身地 愛知県
所在地 愛知県小牧市
出身大学 新潟短期大学(現:新潟産業大学)
役職 株式会社あみやき亭代表取締役会長



次に、

経歴も見ていきましょう

1971年6月 株式会社三河屋の前進である個人商店に入社
1976年6月 同社営業部長
1980年5月 同社専務取締役
1995年6月 株式会社あみやき亭設立 代表取締役社長
2009年11月 株式会社スエヒロレストランシステム代表取締役会長
2014年1月 株式会社アクトグループ代表取締役会長
2017年8月 株式会社あみやき亭 代表取締役会長



三河屋とは

愛知県を営業基盤とするスーパーマーケットで、

1971年3月に、

個人経営のスーパーマーケットとして、

小牧にオープンしたのが最初です。


佐藤啓介さんは、

まだ個人商店の頃に、

三河屋に入っています。


1995年に独立して、あみやき亭をオープンするまで

24年間、三河屋に勤めていたことになります。


個人商店だった三河屋

大きく成長させたのは

佐藤啓介さんでしょう。


1980年には三河屋の専務になっています。

この時、佐藤啓介さん30歳ですからね、


21歳で三河屋に入社して、

30歳で専務ですよ。


個人商店の時代から勤めているとはいえ、

よっぽどの実力と商売の才能がないと、

専務にはなれないですよね。


1995年、

佐藤啓介さん45歳の時、

三河屋を辞めて独立、

あみやき亭を創業することになります。

スポンサーリンク

佐藤啓介さんの出身大学や年収は?

佐藤啓介さん出身大学は、

新潟短期大学


21歳で三河屋に入っていますので、

大学は2年間だったのでしょう。


新潟短期大学は、

経済学をベースに「商経」・「教職」・「編入学」の

3コースがあったようです。


佐藤啓介さん学歴よりも

年収が気になりますね。


あみやき亭の決算報告書から

年収を調べてみました。


2017年3月末の決算書によると

役員報酬の総額 1億1,200万円

役員数 9名


単純に、役員報酬の総額を役員数で割ると

役員報酬の平均は、

約1,200万円


2017年8月まで代表取締役だった時の

佐藤啓介さん役員報酬は、

役員報酬の平均額の1,200万円よりも

多いと思われます。


ズバリ、


2,000万円


ぐらいではないかと思います。


さらに、


佐藤啓介さんは会社の株を

205,000株(2.99%)

保有しています。


2018年の1株配当は100円の予定ですので、

株の配当だけで、

2,050万円になります。


さらに、さらに、


2017年8月の株価

1株当たり、

4,000~5,000円ですので、


205,000株も保有している

佐藤啓介さんの持ち分の総額は

10億2,500万円になります。


やはり、


創業者は利益はスゴイですね。

まとめ

これまで、

佐藤啓介さんについて

書いてきましたがいかがでしたか?


・役員報酬2,000万円、株の配当2,000万円で、年収4,000万円ぐらい

・保有している株の時価総額は、10億円

・21歳で三河屋に入社し30歳で専務、45歳の時に独立して、あみやき亭を創業

・2017年8月あみやき亭の社長を退き会長へ、67歳


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎