杉村太蔵



こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

元衆議院議員で

タレントの杉村太蔵さんについて

注目していきたいと思います。


杉村太蔵さんの現在の仕事は、

タレント活動がメインと思われがちですが、

なんと、

年間72回も全国各地で公演会をしていて、

公演料は1回、80万円なのだそうです。

そんなわけで、

杉村太蔵さんの

現在の仕事にいて詳しく調査してみたいと思います。


そして

投資などもしているらしく、

投資の内容や

年収の中身についても

合わせて

注目してみたいと思います。


アイキャッチ画像引用元:杉村太蔵twitter


スポンサーリンク

杉村太蔵さんのプロフィール

それではまず、

プロフィールから見ていきましょう。

名前 杉村 太蔵(すぎむら たいぞう)
生年月日 1979年8月13日
出身地 北海道旭川市
高校 北海道札幌藻岩高等学校卒業
大学 筑波大学体育専門学群中退
経歴 元派遣社員、元衆議院議員
職業 タレント、会社経営、投資家、政治評論家
配偶者 風間文さん

引用元:wikipedia



杉村太蔵さんは、

高校時代に、

国体でテニスの少年男子ダブルスで

優勝をしたことが評価され、

筑波大学の体育専門学群にスポーツ推薦で入学しています。


そして、

曾祖父が弁護士だったことも影響して、

弁護士を目指して司法試験の勉強しますが、

筑波大学で体育専門学群から法学専攻への転部が認められず、

大学6年で筑波大学を中退しています。


スポンサーリンク

杉村太蔵さんの現在の仕事や収入は?

杉村太蔵さんは、

2005年9月~2009年7月までの約4年間、

衆議院議員を勤めています。


衆議院議員時代は、

「小泉チルドレン」の代名詞として、

有名になりました。


杉村太蔵さんの

政治家としての

「トンチンカン」な発言は、

何かと物議を呼んで話題になっていました。


衆議院を辞職後は、

その知名度を生かして、

元議員タレントとして、

現在は、

辛口コメンテーターや政治評論家として

活動をしています。


実は、

杉村太蔵さんの

収入の2/3は、

タレント収入によるものではなく、

公演会投資によるものだそうです。


年収1億円以上といいますから、

驚きです。

その中身が知りたいですね。

スポンサーリンク

杉村太蔵さんの投資術や年収1億円の中身は?




杉村太蔵さんが、

代議士になるきっかけなったのは、

以前、

証券会社の契約社員として働いてた時に、

「郵政民営化と構造改革」について、

調べていて、

たまたま、

自民党の候補者公募のテーマと同じだったことから、

杉村太蔵さんがまとめていた

「郵政民営化と構造改革」について論文を提出して、

それで、

自民党の候補者に合格したようです。


杉村太蔵さんの投資術は、

証券会社の契約社員時代に学んだようです。

投資の心得をコメントしていますので紹介します。

・将来性を見込んで応援したいと思う企業の株を買う
・正しい知識を持つことが大切、メディアに踊らされない
・投資は余剰資金で行う、生活がギリギリの人はやるべきではない
・ワクワクする気持ちを大切にする

・学びの機会を得られること面白い


杉村太蔵さんは、

投資について

すごく当たり前のことを言っていますね。

株で儲けるには、

「これに投資すれば必ず儲かる」といった、王道

ないのでしょうね。

地道な努力と勉強が必要なのでしょう。


杉村太蔵さんは、

実際にどんな銘柄に投資しているのかは、

分かりませんでしたが、

初心者には、

「日経平均連動型のETF」

勧めています。

少額の資金から始められて、

リスクも比較的少ないようです。


そして、

少額でも株に投資することで、

投資のことを勉強にするようになることが大切だと言っています。


杉村太蔵さんは、

株式投資の他に、

FXも始めたようです。

少し前からFXを始めました。株と比較すると、株はミクロ、FXはマクロという感じがして、そこに面白味を感じています。儲けたいというより、勉強したい気持ちの方が大きくて、挑戦してみました。

引用元:不動産投資新聞



杉村太蔵さんは、

不動産投資はしていないようです。

空室のリスクや、

固定資産税や管理費などの経費、

不動産は流動性が低いので、

ハイリスクローリターンな投資と考えているようです。


まとめ

これまで、

さんについて

書いてきましたがいかがでしたか?


・公演会だけで、年間5,000万円以上の収入がある

・株投資で儲けて、大きいリターンがあった

・投資は勉強と思ってワクワクやる、余剰資金で投資する


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎