鶴ひろみ


こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

声優の鶴ひろみ(つる ひろみ)さんについて

注目していきたいと思います。


鶴ひろみさんは、

2017年11月16日夜、

首都高速都心環状線で、

車のハザードランプをつけた状態で停止中、

シートベルトを締めたまま

意識不明の状態で発見されました。


その後、

病院に搬送され

死亡が確認されたとのことでですが、


鶴ひろみさんの

病死の原因持病について

気になったので調べてみました。


そして、

出演アニメ家族についても


合わせて

注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

鶴ひろみさんのプロフィール




それではまず、

プロフィールから見ていきましょう。

名前 鶴 ひろみ(つる ひろみ)
本名 靏 ひろみ(つる ひろみ)
愛称 鶴ちゃん、つるち
出身地 北海道生まれ、神奈川県横浜市出身
出身高校 神奈川県立鶴見高等学校
生年月日 1960年3月29日
没年月日 2017年11月16日(享年57歳)
血液型 O型
身長 160 cm
職業 声優、女優、ナレーター
事務所 青二プロダクション
配偶者 なし(結婚歴あり)

引用元:wikipedia



次に、経歴も見て行きましょう。

1967年(小学2年生)、劇団ひまわりへ入団
1968年(小学3年生)、「コメットさん」でドラマデビュー
1969年(小学4年生)、「恐怖劇場アンバランス」に出演
1978年(高校3年生)、世界名作劇場「ペリーヌ物語」の主人公のペリーヌ役で声優デビュー
1980年、「彩の女」(フジテレビ)のドラマに出演
1981年、「おはよう!スパンク」のキャット役
1982年、「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」のレビ役
1986年、「ドラゴンボールシリーズ」のブルマ役
1988年、「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役

引用元:wikipedia



スポンサーリンク

鶴ひろみさんの病死の原因や持病は?




鶴ひろみさんの死亡の原因は、

運転中に起きたの大動脈剥離が、

直接の死因のようです。

大動脈解離の原因は不明ですが、

動脈硬化や高血圧が関係しているのかも知れませんね。


生活習慣や持病はどうだったのでしょうか?

その辺りのことがちょっと、

気になりなりますね。


鶴ひろみさんは、

大のお酒好きで、

さらに

ヘビースモーカーだったという情報があります。


アニメの収録後には、

よく飲みに行っていたようです。

1986年には、声優の難波圭一さんと結婚しますが、

その後、離婚しいて、

独身だったようです。

趣味はゴルフで、

年に50回もゴルフに行くほどのゴルフ好きのようです。

鶴ひろみさんの出演アニメや家族は?

鶴ひろみさんの

声優デビュー作は、

1978年の世界名作劇場「ペリーヌ物語」のペリーヌ役、




私も子供の頃、

日曜日のお茶の間のこたつで、

家族と見ていました。


そして、

代表作といえば、

「それいけ!アンパンマン」

ドキンちゃんや、

「ドラゴンボールシリーズ」

ブルマ

声を担当した声優として有名ですね。


「ドラゴンボール」のテレビアニメの放送が始まったのは、

1986年


そして

「それいけ!アンパンマン」のテレビアニメは、

1988年の放送開始なので、


30年近くも、

同じキャラクターの声を担当していたことになります。


特に、

「ドラゴンボール」ブルマの声は、

とても印象的で、

耳に残る声だったですよね。


主な出演アニメとキャラクターを調べてみました。


・「アンパンマン」ドキンちゃん役

・「ドラゴンボール」ブルマ役

・「気まぐれ☆オレンジロード」鮎川まどか役

・「GS美神」美神令子役

・「マジカル☆たるるーとくん」大綾真理先生役


まとめ

これまで、

鶴ひろみさんについて

書いてきましたがいかがでしたか?


・病死の原因は、調査中で不明だが、お酒好きでヘビースモーカー

・世界名作劇場の「ペリーヌ役」で声優デビュー

・離婚後は独身だった様子


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎

スポンサーリンク