こんにちは、バナナ大好きのトミーです。

今回は、天皇陛下が作詞され、皇后陛下が作曲された

歌声の響(うたごえのひびき)について、

動画や歌詞や作詞作曲のエピソードについて紹介したいと思います。

また、

2月24日(日)に執り行われる天皇陛下の在位30年の記念式典で

三浦大知さんが歌声の響(うたごえのひびき)を歌うことに決まりました。

なぜ三浦大知さんに決まったのか?

理由が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

歌声の響とはどんな曲?動画や歌詞を公開!作詞作曲のエピソードも!

歌声の響とはどんな曲なんでしょうか?

まずは、歌詞から紹介します。

だんじゅかりゆし歌声の響き

見送る笑顔 目にど残る

だんじゅかりゆしの 歌や湧上がたん

ゆうな咲ゆる島 肝に残て

 

「歌声の響」は、

天皇皇后両陛下が、皇太子時代に1975年に沖縄を訪れた際に、

国立ハンセン病療養所での思いを歌にされたのですが、

天皇陛下の作詞のエピソードについては、

天皇皇后両陛下が、国立ハンセン病療養所「愛楽園」を去られる時に、

「沖縄民謡 だんじゅかりゆし」の合唱が起こったそうです。

その時の天皇陛下の思いを歌にされたのが、

「歌声の響」の歌詞なのだそうです。

 

その「だんじゅかりゆし」の動画がこちらです。

 

「だんじゅかりゆし」の歌は、航海の旅の安全を願う歌として、

旅の出発や船出の時の歌われるようです。

 

「歌声の響」の動画については、

皇宮警察音楽隊が演奏している動画があったので、

シェアします。

 

スポンサーリンク

三浦大知が歌声の響を歌う理由は?

歌声の響を歌うことに決まった三浦大知さんの

コメントを紹介します。

 

 

コメント内容には、

なぜ、三浦大知さんが歌うのか?

理由などには触れられていませんが、

沖縄出身のアーティストということで、

三浦三浦大知さんが、「歌声の響」を披露することが決まったようですね。

 

スポンサーリンク

歌声の響とはどんな曲?動画や歌詞を公開!三浦大知が歌う理由は?

歌声の響のエピソードについてや、

三浦大知が歌う理由について書いてきましたがいかがでしたか?

 

「歌声の響」は、 ソプラノ歌手の鮫島有美子さんが歌うCDが

Amazonで販売されています。

でも、三浦大知が歌う「歌声の響」を聞いてみたいですね。

どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

 

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました。