スポンサーリンク




こんにちは、

バナナ大好きのトミーです。


今回は、

オリンピックの話題です。

渡部暁斗さんといえば、

ノルディック複合の選手で、

結婚した妻もハーフパイプの選手なんだとか。

馴れ初めが気になるますよね。


そんな

渡部暁斗さんの

実家や出身中学に高校についても

迫ってみたいと思います。

渡部暁斗が結婚した妻もスキー選手!

それではまず、

渡部暁斗さんのプロフィールから見ていきましょう。

渡部暁斗
引用元:渡部暁斗instagram

名前 渡部 暁斗(わたべ あきと)
所属 北野建設
生年月日 1988年5月26日
出身地 長野県白馬村
身長 173cm
体重 60kg
経歴 ソチオリンピック個人銀メダリスト
家族 ノルディック複合選手の渡部善斗は実弟、妻はフリースタイルスキー、ハーフパイプ選手の渡部由梨恵

引用元:wikipedia



結婚した妻の名前は、

ハーフパイプ選手の

渡部由梨恵さん

平昌オリンピックの

女子スキーハーフパイプに出場して

夫婦でオリンピックの出場しているんですね。


引用元:yurie_watabe instagram

渡部暁斗さんと

妻の渡部由梨恵さんは、

早稲田大学スポーツ科学部の同級生で

大学3年の頃から交際していて、

3年交際した後に

2014年に結婚されています。


4年前の2014年といえば

ソチオリンピックの年

渡部暁斗さんは

ノルディック複合個人で

銀メダルを獲得

その勢いでプロポーズしたそうです。


スポンサーリンク

渡部暁斗の実家や出身中学に高校は?

渡部暁斗さんの出身地は、

長野県白馬村

1998年長野オリンピックの

スキージャンプの競技が行われたのが

白馬村のジャンプ競技場


小学3年生だった渡部暁斗さんは、

両親とスキージャンプ競技を見に行き、

それがきっかけで

スキージャンプを始められたそうです。


なんと、

長野オリンピックの8年後

渡部暁斗さんが高校2年生のとき

2006年トリノオリンピックに

初出場しているんですね。

すごい、上達ぶりだと思いませんか?

もともと

スキージャンプのセンスがあったのでしょうね


渡部暁斗さんの実家の父親は、

白馬村でホテルの支配人をされていたようですが、

現在は、退職しているそうです。


渡部暁斗さんの出身中学校は、

地元の

白馬村立白馬中学校

そこから、

長野県立白馬高等学校に進んでいます。


渡部暁斗さん

中学生の頃には

すでに、

スキージャンプの選手を目指していたらしく

中学校では、

スキー部に所属して

クロスカントリーもその時に始めたようです。


高校に進学してから、

ノルディック複合競技の選手として

急成長して、

高校2年生で

オリンピックに出場するまでになったのです。


2014年のソチオリンピックで

銀メダルですから

すごいですね。




2018年平昌オリンピックでは、

渡部暁斗さんは。

ノルディック複合競技で

金メダルの有力選手です。

渡部暁斗が結婚した妻と馴れ初めは?実家や出身中学に高校も調査!まとめ

これまで、

渡部暁斗さんについて

書いてきましたがいかがでしたか?


・2006年に高校生でオリンピック初出場

・2014年ソチオリンピックで銀メダルで、プロポーズ

・結婚した妻とは早稲田大学の同級生


それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^


よろしければ

Twitter,Facebook,Google+,Line

などで

シェアしてくださると幸いです◎

スポンサーリンク